mijuの生活紀行

いつも、ひょうひょうと笑って暮らせたらいいな。

鹿肉ハンバーグのレシピ

 

きのうは、鹿肉ハンバーグを作りましたー

 

鹿肉。。

スーパーには売ってないし、なじみが無いがない人が多いかと思いますが、

みなさん、食べたこととかありますか?

 

私は、1年程前に初めて食べました。

 

きっかけは、2年程前にFacebookのあるグループで鹿肉などのジビエ(狩猟肉)は

栄養が豊富だと知ったことでした。

 

最初は「ジビエとか高そうだし、そこまで健康のことやってらんないべー」

と思っていたのですが、

 

実際調べると、鹿の安い部位(すじ肉、ひき肉、前脚ブロック、赤モツなど)

を選んで、まとめ買いで送料無料にしてもらえば100gで160円程で

買えることがわかりました。

 

まぁ、セールの時の鶏ムネ肉なんかに比べると高いですけどね。

でも、同じ赤身の肉である牛肉の通常価格よりは安いよなーと。

 

そんでもって、

“栄養豊富な食物は少ない量でも満足感を得られやすい”って話を

見聞きしたことも手伝って、

トータル的に考えると、経済的にもアリなんじゃない?」

と思い、買ってみることにしました。

 

ちなみに、ジビエの中でも鹿に興味を持ったのは鉄分が多いからです。

 なんか、鉄分ってメンタルにも影響あるって話もあるし、

女の人は不足しやすいらしいし、その頃は特に鉄分の必要性を

感じてたんですよね。

 

 

そんなこんなで、鹿肉を食べるようになったのですが、味としては、

鉄っぽさ?は少しあるけど、サッパリしていて私は好きです。

 

ただ、脂質が少ないからか、調理法によってはちょっとモソモソする

感じがあるかな。

 

 

さてさて、

前置きが長くなりましたが、レシピをば。

 

 

鹿肉ハンバーグ

 

ひき肉 300g

玉ねぎ 1/2個
バター 10g
卵 1個

塩 3g

オリーブオイル 大1

 

  1. 鹿ひき肉を冷蔵庫から出す
  2. フライパンにバターを入れ、玉ねぎを炒める。
  3. 玉ねぎが薄い飴色になったら、ボウルに移し冷ます。
  4. 玉ねぎが冷めたら、卵、塩、オリーブオイルを入れ、箸などで混ぜる。
  5. ボウルに鹿ひき肉を加え、 こねる。
  6. ハンバーグの形を作る。(約100g×4個できるよ。)
  7. フライパンに油をひき、焼く。
  8. その日に食べない分は、ラップで包んでジップロックに入れて        冷凍庫へ。(焼いたものの場合は冷めてからラップ。)

 

 

※手作りハンバーグは、焼いてから冷凍すると1ヶ月程。

焼かずに冷凍すると2週間程、保存できるそうです。

 

xn--ruqt3z0li9lh.com

 

今までは、レンジを持ってないからと焼かずに冷凍保存してたけど、
“鍋にお湯を沸かして、その鍋にザルを引っ掛けて蒸す”という小技を

最近知ったので、今回は半分だけ焼いてから冷凍してみました。

 

焼いてから冷凍すると、焼きたてが食べられないってのはあるけど、

保存期間が長くなるし、肉汁も流れ出にくいみたいだし!


それに、一度にまとめて焼いた方が油ハネを掃除する手間が省ける!笑

 

 

と、ここまでニクニクシイ話を書いてきましたが、

どこかの見ず知らずの鹿という存在を、猟師さんに殺してもらって、

ムシャムシャ食べているってことは忘れないようにしたいなと思います。

 

まぁ、何を食べるにせよだよね。